スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
遂にこの時がきた!!!
ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)ドラえもん 1 (藤子・F・不二雄大全集)
(2009/07/24)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る



いよいよ全藤子ファン超待望の大全集が刊行開始しました。第一回は『ドラえもん』『オバケのQ太郎』『パーマン』の三冊。それぞれ初っぱなから半端じゃない本気さでビックリです。

装丁はソフトカバーですが、コーティングされてスベスベのカバー。けっこう丁寧でいい感じです。

思った通り『ドラえもん』は極厚。まさにコロコロコミックサイズです。

パラパラと読んでみたのですが、何よりも気になっていた、「F先生が亡くなってから小学館が改訂した箇所」に関しては、すべてその以前の状態に戻して収録してあるようです。ボクが慣れ親しんでいた『ヘリトンボ』も復活。上京してから何気なく買い直した一巻を読んだときはビックリしたもんですよホント。

初期の作品には今で言う差別用語が連発しまくるのですが、そちらに関しても修正はされていない模様です。

学年誌掲載順はたまりませんねえ。初期のドタバタ感とか大笑い。

そして、なんつっても、のび太があまりにも可哀想なのが凄い。一話で毎回「死にたい」とどん底に落ち込むのが見てられない。小学生にあの仕打ちは凄い。セワシくんも「お年玉50円」て責めすぎ。

それにしても『けんかマシン』のテーマは深いなあ。のび太の「平和主義者」も泣ける。

「とくな人間になりたい」

に代表される、人間の本質的なところをズバズバ描いてくれて痛快ですよ。

明日から舐めるように読んでレビューを書いていきたいと思いますので、おつきあいいただければと思います。


オバケのQ太郎 1 (藤子・F・不二雄大全集)オバケのQ太郎 1 (藤子・F・不二雄大全集)
(2009/07/24)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

ボクのスタンダードは『新』なのですが、『旧』もハチャメチャでいいなあ。初期のQちゃんって、やっぱり初期ドラに通じる感じがあっていいなあ。Qちゃんは正ちゃんの「ともだち」としてちゃんとキャラクターを確立して主人公らしくがんばりましたけど、ドラえもんって話が進むにつれて完全に「ともだち」って感じじゃなくなるよなあ。やっぱり『ドラえもん』は異色だ。


パーマン 1 (藤子・F・不二雄大全集)パーマン 1 (藤子・F・不二雄大全集)
(2009/07/24)
藤子・F・不二雄

商品詳細を見る

ちゃんとバードマンが”スーパーマン”に!!

それにしても、スーパーマンだ! って宣言してるときのみつ夫の白け顔は爆笑。F先生のパターン炸裂。

みつ夫の白け顔

↑集中線が相変わらず爆笑を増幅。まあ、突然こんな仮面のおっさんに宣言されても、こんな表情になると思いますけどね。

みつ夫の白け顔2

↑ある意味リアル。でも、ホントF先生は白け顔好きな。


白けのび1

↑頂上。



スポンサーサイト



( 2009.07.25 ) ( 大全集 ) ( COMMENT:5 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

はじめまして。
変ドラページなんだこりゃがリアルタイムで更新されてた頃から読んでます。サイトの復活本気で嬉しいです。
大全集、もちろん予約して昨日入手しました。「まんが家」初めて読んだんですが腹抱えて笑いました。初期ドラはカオスっぷりが堪りません。「お金がガバガバはいるよ」ってお前何しに来てんだよ(笑)
こんな楽しさが毎月やってくると思うと幸せすぎる。サイト更新も本当に楽しみにしてます!

( by : ラディック * URL ) ( 07/25 - 11:06 ) ( 編集 )

初めてお邪魔させていただきます。
「変ドラ」にはドラえもんの面白さを改めて教えてくれたサイトということで今日数年ぶりに訪れたのですが、まさか初めて更新に立ち会えるとは。
改めて、楽しく読ませてもらいます。

私は藤子先生で育った世代ながら単行本は殆ど買った事が無く、この機会に全部揃えようと思っています。
子供の頃はただ楽しく読んでいたドラえもんが大人になってから読むと全く違う面白さ「も」見えてくる事に、改めて藤子先生の偉大さを知りました。くそう、これだからやっぱりドラえもんは私の中で不動のベストマンガなんだ。
只今はこちらで知った「ファ~」等の面白コマを直で見て、感動しつつ爆笑という濃い時間を過ごしております。

「けんかマシン」は初めて読んだのですが、確かてんとう虫コミックスには収録されていませんよね?
小学生向けマンガで、冒頭のたった5ページであんな業の深い内容を描けるとは……。
聖者のふりでしか自分を救えないのび太があまりにも痛々しいです。

藤子先生の死後の改訂箇所に関してですが、どうやらごく一部再現できなかった箇所はあったようです。
http://d.hatena.ne.jp/koikesan/20090724
それでも、ここまで元に戻しただけでも今回の全集に携わった方々には足向けて寝れない程の偉業なんですけどね。

( by : H.StypeGB-1 * URL ) ( 07/26 - 00:38 ) ( 編集 )

>ラディックさん

>「お金がガバガバはいるよ」

はははは。あれ凄いですよね。貯金箱の大きさが足りないんじゃないかと暴走したり、勝手に集金人の人にのび太のサインをしたり、ドラえもんが完全に亡者になっちゃってて凄い。

>H.StypeGB-1さん

あらためて来ていただきありがとうございます。ブログ形式なので以前とはちょっとテイストが変わりますが、大全集の発売に更新しないなんて考えられないのでがんばります。

「けんかマシン」はてんとう虫コミックには収録されていないですね。FFランドには収録されていたのですが。あのいじめられていた奴が、「自分よりも弱い奴を」とのび太に矛先を向けるあたりは、戦慄すら覚えますよね。しかも、ニコニコ戻ってきたのび太が、やっぱり本当は悔しいってあたりもさすがF先生です。

( by : ミラー貝入 * URL ) ( 07/26 - 01:10 ) ( 編集 )

気付いたところでは
クルクルパー→よわむしけむし
が戻されてませんでした。
そんなに駄目ですかね?

( by : * URL ) ( 07/26 - 18:37 ) ( 編集 )

げ!
白け顔、サイコーですね。
正直「変ドラ」で取り上げられるまで、あまり気にしてなかったところなんですよねぇ。

さすがに全巻購入はムリなんで、どっかピンポイントで購入かなぁ?

( by : Sophie * URL ) ( 07/27 - 09:17 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。